京都市中京区河原町の裏路地にある京つけ麺屋「つるかめ」。

観光で京都に行き食事を取る店はある程度決まっています。
観光、買い物、そして食事を楽しみにして行くのでお目当の飲食店の想像を膨らまさせ新幹線に乗っています。
観光の後の買い物で河原町に行き、商店街の中でトイレを探していた時にたまたま見つけたつけ麺屋さんが、つるかめでした。

入口が二つで店内はかなり狭いです。
10人は入れないですね。

つるかめは細い路地にある為、なかなか気づきにくい立地ですので、皆さん知らず知らずのうちに通り過ぎているのでしょう。
つるかめに入ると店員さんは二人で一人は仕込みをされていて一人で料理を作っておられました。

早速、魚介醤油つけめんを注文しました。
10分くらいでしょうか?それくらいで出て来ました。

麺は太く、スープはこってりで濃いめで、メンマがでかく、あおさ海苔も相性が良いです。
一口目は美味い、と感じましたが、最後の方になるとスープが濃いので少し飽きてしまい変化が欲しくなります。

そこで見つけたのが特性ニンニク酢です。
こいつをかけることでサッパリするんですが、ニンニクの重みがちょうどよくスープに反映され、全く違うスープに変換しました。
ここからもう一杯いけてしまいそうになるくらい美味しく、変化を感じました。

店名:つるかめ
住所:京都府京都市 中京区寺町通四条上る中之町559 菊水ビル 1F
電話:075-211-3213