スペイン居酒屋ラパス、国分寺にある一度行ってみたかった老舗

国分寺に住んで10年北口の再開発も進みタワーマンションも建設されました。
その北口のちょっと裏通り?にラパスはあります。

店名:スペイン居酒屋 ラパス
住所:東京都国分寺本町4-12-22 ハイネス国分寺102
電話:042-322-7225

ラパスの前を通るたび入ってみたいなと思っていました。
先日知人が東京に出張ということで夫と3人でこのお店でご飯を食べようということになりました。

2500円のコースを注文。
ラパス店内はスペイン風の音楽が流れていて新しくはないけれどいい雰囲気です。

早速スペインビールを頼み乾杯!
オードブルは一口サイズで5品くらい大皿で提供されました。
カキ、生ハム、チョリソーとなかなか豪華です。

そのあとの出された料理がすべてものすごくおいしかった。
特に白魚のオリーブオイル煮、イカ墨のパエリアが絶品です。

いわゆるアヒージョですが、白魚がたっぷり入っていてオイルと一緒にバケットの上にのせて食べると最高です。
バケットもお店で焼いているそうで、オイルがたっぷりだったので追加注文しました。

イカ墨のパエリアは見た目真っ黒で上に魚介類がのっています。
でもご飯の中にも海老などが入っていてシーフードのだしを吸ったお米は固すぎず柔らかすぎず丁度良い感じです。
日本人の舌に合っていると思います。

またラパスのママがお話好きな方で、初めて食べに来た私たちのような客にも常連さんのように接してくれてとても居心地よかったです。
普通に居酒屋で2500円のコースを頼んでもこんな満足感が得られないけれど、ラパスは料理もすべて手作りで美味しくママも感じの良い人だったので、味だけではなく心も満足して帰ることが出来ました。
また是非家族のイベントや友人との食事に利用したいと思います。