茶望留、代々木上原駅目の前にある昭和な雰囲気満載の居心地のいい喫茶店

代々木上原駅を出ると目の前に珈琲専門店さぼーるというお店があります。
代々木上原といえば、渋谷と世田谷の間に位置し、閑静な住宅街ながらもおしゃれなお店の並ぶ素敵な町ですが、実は商店街には小さなパン屋さんがあったり、商店があったりと、古い店と新しい店が共存する町なのです。

そんな町にある茶望留は、まさに代々木上原の昭和の側面を代表するかのような喫茶店です。
茶望留の店の外にはいくつかテーブルが置かれ、緑のテントがはられ半テラス状態でコーヒーが飲める素敵なつくりになっています。

店内はオレンジの明かりがともるちょっと薄暗い空間。
茶望留は、カウンター席とちいさなテーブル席がいくつかならび、こじんまりとしています。
意外と駅前にカフェがない上原では、土日になると混んでいることもあります。

茶望留のコーヒーは丁寧にサイフォンで入れられ、しっかりとした味と香りがたのしめます。
おすすめはウィンナーコーヒーです。
なんとクリームが別のグラスに入って出されるので、ちょっと特別な気分を味わえます。

苦みのあるコーヒーにしっとりとしたクリームを落としてぼーっとする、そんな贅沢な時間を過ごせます。

店名:茶望留
住所:東京都渋谷区上原1-32-19
電話:03-3460-8260