一山いけす、千葉県銚子市にある生簀の魚を見ながら食事のできる海鮮料理店

店名:一山いけす
住所:千葉県銚子市黒生町7387-5
電話:0479-22-7622

千葉県にある関東最東端の犬吠埼灯台の近くに、活魚専門店の「一山いけす」があります。

1954年開業の一山いけすは、65年以上に渡って千葉の海で捕れる鮮魚を提供しています。
日本で初めて、店内に生簀をつくった店としても有名です。

一山いけすの店の前に目印となる大きな瓦葺きの門があるため、すぐに分かります。
門を抜けると、1983年に建てられた3階建ての立派な店が構えています。

一山いけす店内に入ると目に飛び込んでくるのは、プールかと見間違うほとの大きな生簀です。

店の中央にドーンと設けられています。
生簀には千葉県沖で獲れた約20種類の新鮮な魚が気持ち良さそうに泳いでいます。

その生簀を覗けるように、カウンター席が約30席備わっており、向かい側には約100の座敷席があります。
座敷席からは銚子の海が一望でき、きれいな景色が料理のおいしさを引き立てます。

一山いけすの一番のおススメは、生簀で泳いでいた伊勢海老を2本使った伊勢海老天丼です。
伊勢海老天丼は、一山いけす社長自身が開発したオリジナル料理です。

伊勢海老の甲殻がまるまる使われおり、伊勢海老を食べているという満足感に浸れます。
身の肉厚と、ふんわりとした食感は究極の天丼と言えます。

また、マグロやヒラメ、タイ、カツオなどを使った刺身の盛合せは、新鮮な魚でしか味わえない食感を堪能できます。