「家電」カテゴリーアーカイブ

パナソニックの大容量冷蔵庫NR-F511XPV-T

家族4人。
容量が360リットルから511リットルの買い替えだったので、NR-F511XPV-T には、かなり満足しています。
真ん中が冷凍室、下が野菜庫ですが、前の冷蔵庫より野菜庫の葉物の持ちが長いので、最近の技術は凄いなと思いました!

NR-F511XPV-T には、上の開きの中にマイナス3度の微凍結状態で食品を保存する「パーシャル」に「酸化ブロック冷却」を採用したパーシャルチルドという引き出し部分があります。
そこに肉や魚類を入れておくと持ちがいいので、以前は買いだめした豚バラなどすぐに冷凍していたのですが、パーシャルチルドの利用で柔らかいお肉を楽しめています!

ただこのパーシャルチルドの引き出しは観音扉両方開けないと引き出せません。
広さはあるので、お好みの方はありがたいのですが、サッと肉を取り出したいときなど行動に優先順位をおくと、NR-F511XPV-T は若干不便を感じます。

こっちの扉あっちの扉引き出し…みたいな。
その点、日立さんの真空チルドは片側に寄っていたので便利そうでした。

センサーで感知する微弱冷凍のパナソニックさん。
ラップをしない?でも新鮮さを保てる真空チルドの日立さん。
究極の選択でしたが、肉の持ちや広さ、中の配置などトータル判断で、NR-F511XPV-T で大満足しています。

またパナソニックの大容量の冷蔵庫は女性向けになっていて、1番上の段の奥は手が届かないので浅い作りになっているので、上の奥にしまいこんで見えないとか、腐らすとかなさそうで、かなり取りやすいです!

また内部は冷却を保つため?ガラス板で、使い始めは割るんじゃないかと心配していましたが…ル・クルーゼなど重いお鍋も余裕で置けます!
氷も、速氷というボタンがあり、急ぎの時はかなり助かっています!
NR-F511XPV-T に買い替えて本当に良かったです!

シャープコードレス掃除機FREEDの感想レビュー。

我が家は子供が小さいため、食べこぼし等で掃除機をかける頻度が高いため、とっさに掃除機が使いたい事が多いのでコードレス掃除機を購入する事にしました。
コードレス掃除機ということでバッテリーの持ち時間、吸引能力、重量、および価格を考慮してシャープのコードレス掃除機FREEDを購入しました。

バッテリーは、最長20分、0.5ミクロン以上の粒子を99%吸引、重さ2.2kgで比較的軽量で買った当時は使い心地に感動していました。
FREEDは立て掛けられるので置き場所にも困ってません。
現在、買って三年程経過していますが、バッテリーは特にすぐになくなるといった感じはなく、さほど劣化はしている様には感じません。

しかし、吸引面で問題が発生しています。
FREEDのフィルターが目詰まりしてくるとランプが点灯し、取り外してフィルターを水洗いするのですがどんなにしっかり洗って再び装着してもフィルター交換ランプが直ぐに点灯してしまいます。

吸引力も落ちているようなのでフィルターが寿命なで買い換えが必要と判断しています。
フィルターは2000円もしないので高くはないのですが、他社製品がどの程度吸引力が落ちるのものなのか、FREEDのフィルターの買い換えが必要なのか分かりませんが、フィルター交換後に吸引力が戻ることを願ってます。

Vitantonioマイボトルブレンダーで簡単スムージー!

Vitantonioのマイボトルブレンダーは、お手軽にスピーディーにスムージーを作ることができ、本体はとてもコンパクトで準備も後片付けも簡単です。
一番の特徴は作ったボトルでそのまま飲めるところです。
さらに、Vitantonioのマイボトルブレンダーには保存用キャップがついているのでそのまま冷蔵庫で冷やしたり、お出かけの時に持ち運ぶこともできます。
なにより使うグラスが一つ減るだけで洗い物も減ります。

Vitantonioのマイボトルブレンダーの使い方は好きなフルーツや野菜をカットして水分と一緒にブレード(刃の部分)をセットするだけ。
そしてぎゅっと押します。
するとボトルがロックされて自動回転します。

その後は自動停止機能がついているので約40秒後には出来上がっています。
なめらかになったところでブレードを外したら完成です。
すぐに飲むことができます。

私は比較的いつも手に入りやすいバナナやリンゴを使うことが多いです。
このふたつをベースに使うと味は絶対おいしくなります。

朝ごはんやおやつにピッタリで、朝食を作るのが苦手という一人暮らしの方にも重宝されるのではないかと思います。
手作りは美味しいですし、市販のものより安心して飲めます。
自分の好きなものをミックスできる所も良いですね。

Vitantonioのマイボトルブレンダーの色はレッド、イエロー、グリーンの3色でコロンとしてとても可愛らしいです。
スムージーを自宅で作りたいけど面倒そうと思っている初心者の方におすすめです!

ショップジャパン、スチームモップFN001311を購入。

過去に購入した、シャークスチームモップFN001311です。
今は新しい型の商品が販売されています。

ケーズデンキのオンラインショップでは、FN001311は1万円以下で販売されていた廃番商品です。
100度以上の蒸気が出て、汚れを落としてくれる掃除機タイプのモップです。
雑巾は取り外し可能。

水を入れてコードを指すと、30秒後には蒸気が出てくるので、掃除機の要領で雑巾がけをするとスチームで雑巾がけができるというしくみ。
最初にこの雑巾部分の「モップ」が2枚ついてきました。

FN001311が良いのは、蒸気のモップがけを床にできること。
子どもがジュースをこぼしたり、食べ物をこぼした後、簡単に拭いて、その後にスチームモップで蒸気をかけつつ掃除ができます。
ラグも、時々スチーム掃除をすると食べこぼしがキレイになってすっきりします。

ただ、FN001311を使っていて不便と感じるのはモップ部分が2枚しかついていないこと。
買い換えもできたものの、今は廃番になってしまったので、パーツだけは買うことが出来ません。
雑巾にマジックテープをつけたものなので、簡単に自作できるものの、安く買えたらいいのにと感じます。

新しいモデルの商品が発売されると、どうしても旧型は使いにくくなってしまいます。
省スペースでおいておけるので、掃除機と2台使いで役立っています。

デスクライト 田中照明 ゼットライトZ-10N シルバーを購入。

先日、田中照明のZ-10Nという、デスクライトを購入しました。
このライトは「ゼットライト」というシリーズの中でも、最も売れ筋の人気商品です。
ゼットライトZ-10Nの主な特長は、以下の4つです。

1.ヘッドの位置調整が細かくできる。
このライトの一番のウリです。
他のメーカーのライトだと、あまり高い位置にすると、スプリングが支えきれずにヘッドが落ちてしまったりしますが、ゼットライトZ-10Nはピタッと位置がキマります。

2.全体的に細身で軽量。
Z-10Nは、シンプルな外観で、余計なものがないデザイン。
LEDになったことで、ヘッドも薄く小さくなり、さらにすっきりしました。

3.明るさが無段階で調整できる。
電源ボタンを長押しすることで、明るさを100%から5%まで調整できます。
作業や天候などに合わせて、明るさを変えられます。

4.影が多重にならない。
LEDの直線的な光が生み出す影は、やたらクッキリしている上に影が何重にもなって見えることがあります。
しかし、ゼットライトZ-10Nが落とす影は輪郭がほとんどなく柔らかい影なので、目が疲れません。

Z-10Nを2週間程度使ってみての感想としては、まず良い点としては、一つ目は位置の調整が楽なこと。
以前使っていた蛍光灯のデスクライトでは、ここまで位置がキマりませんでした。
意外にこの差は大きいと思います。

二つ目はデザインがシンプルでカッコイイこと。
スプリングもむき出しなところが武骨という意見もあるでしょうが、私はこれぐらいシンプルな方が好きです。

三つ目は無段階の明るさ調整ができること。
LEDのまっすぐな光は明るすぎると、目が痛いですからね。
自分の好きな明るさにできるのは便利です。

そして、悪い点。
一つ目に、ゼットライトZ-10N組み立ての際にアーム部分に取り付けるスプリングが結構固いこと。
腕力のない人には辛いと思います。

二つ目に、スプリングやコードがむき出しなので、ホコリを取るのが大変。
小さい子供がいる家は、手をはさむ危険があるかもです。

とはいえ、全体的には以前よりも使いやすくなり、満足しています。
蛍光灯からLEDになり、視界がクッキリするようになったのは感動モノです。
ゼットライトZ-10N、良い買い物でした。

オシャレな電気ケトルをお探しの方にPO-135BKをオススメします。

電気ケトルにはたくさんの種類があり、迷う人も多いでしょう。
使い勝手はもちろんですが、見た目にもこだわりたい人にオススメなのがドリテックのステンレスケトル PO-135BKです。
PO-135BKは、コーヒードリップにも適した長いノズルが特徴的です。
テーブルに置いていても、オシャレなカフェのような雰囲気を演出できます。

容量は1.0Lあり、コードを気にせずに注げるコードレスタイプです。
電源コードは、PO-135BK給水スタンドの底面にすっきり収めることができます。
ボタンひとつでお湯が沸きますので、飲みたいと思ったときにすぐに用意できます。

例えばコーヒー1杯分、140mlのお湯を沸かすのに約80秒でご用意でき、電気代の節約にもなります。
お湯が沸くと自動的にスイッチが切れるので、沸かしすぎることもありません。

また、水が入っていないときにPO-135BKのスイッチを入れても、空だき防止機能がありますので安心です。
ステンレス製ですので錆びにくく、手入れに手間がかからないのも嬉しい仕様。
お湯の匂いも気になりません。

PO-135BK本体重量は給電スタンドを含み約690gです。
お湯を注ぐときにも、力まずに注ぐことができます。
シルバー、ホワイト、ブラックの定番の色が揃っていますので、お部屋の雰囲気に合わせて選んでいただけます。

パナソニック掃除機MC-PA35Gを購入してみた!

パナソニック電気掃除機MC-PA35Gの詳細は、
[集じん方式 紙パック式]
[吸い込み仕事率 500W~120W]
[消費電力 1000~約300W]
[ハウスダスト発見センサー付き]
[本体質量 3.9kg]
[標準質量(本体・ホース・延長管・床用ノズル)5.6kg]
と言ったところです。

それまで使っていたパナソニックの掃除機の回転ノズルが回転しなくなり、修理代が高くなりそうだったので同じタイプのMC-PA35Gにしました。
MC-PA35Gで一番のお気に入りはゴミを感知した時に強回転になりセンサーランプが点くところで、床や畳、絨毯の目立たないゴミも吸い込んでくれるので助かります。

またホース・延長管・床用ノズルの重量が以前よりも軽くなって楽に操作できるようになりました。
MC-PA35G本体は輪が付いていて引っ張るだけなので重量はそれほど気にならないのですが、ホースは手で持つので重いと腕がかなり疲れます。
毎日掃除機をかける習慣なのでこの軽さは有難かったです。

ただ紙パック式なのでゴミがいっぱいになれば交換しなければなりませんが、純正品(消臭・抗菌加工「逃がさんパック」)が以前よりも高くて驚きました。
かといって「必ず純正の紙パックをご使用ください」とあるのを無視するわけにもいかないので、純正品を購入しました。