「ラーメン」カテゴリーアーカイブ

茨城県古河市にある中村屋 駒羽根店はあっさり佐野ラーメンとジャンボ餃子のお店

店名:中村屋 駒羽根店
住所:茨城県古河市駒羽根761-1
電話:0280-92-5774

中村屋駒羽根店は、タイトルの通りあっさり佐野ラーメンとジャンボ餃子が看板メニューのお店です。
近隣に数店舗展開しているようなのですが、私はこちらのお店しか来たことがありませんし、こちらが本店とのことです。

中村屋の店内は、まさにザ・ラーメン屋さんという趣きです。
カウンター席、テーブル席、小上がりのお座敷もあります。

あらゆるシチュエーションで利用しやすいお店かと思います。
私は幼稚園入園前の小さな子供を連れて行くことが多いので、このようなお座敷席があるお店は非常に重宝します。

肝心の中村屋のラーメンはと言いますと、ホタテで出汁を採ったあっさり味のスープと平手打ちの麺、チャーシュー、ナルト、メンマが乗ります。

優しい味といいますか、昨今流行っているパンチの効いたラーメンとは対極にあるようなシンプルなラーメンです。
とても美味しい。
ボリュームもありますね。

また、中村屋は餃子も美味いです。
一個一個が大きいので頼み過ぎに注意です。
野菜と肉のバランスが絶妙の餡と、厚すぎず薄すぎない皮が良いです。
ご飯にもラーメンにも合います。

中村屋の接客は普通ですね。
過不足ない感じです。

岐阜県高山市、桔梗屋は町の隅にある昔ながらのラーメン屋

店名:桔梗屋
住所:岐阜県高山市本町3-58
電話:0577-32-2130

桔梗屋さんは、高山市の観光街からちょっと外れた、何ともさびれているような狭いところに立地しています。
何とも昔ながらの感じを醸し出している変わったラーメン屋さんです。

桔梗屋の店内の様子も、何とも昭和チックな感じの古くてなつかしさを感じるような、地域の飲食店というような雰囲気。
地元の老人やその地域で働いている人たちが、利用しているような雰囲気が浮かんでくる感じです。

桔梗屋のラーメンについては、高山ラーメンの特徴であるしょうゆベースのすっきりとした味のするスープに魚介系のダシを効かせたスープで、ちょっとオリジナリティーを聞かせている感じです。

桔梗屋の麺に関しては、高山ラーメンの特徴である細めのちぢれ麺。
その他の具は、チャーシューなねぎといった割とシンプルな作りです。

食べる分にはとても食べやすく、多くの人たちが食べやすい感じになっていますので、人を選ばないという感じで万人受けしやすいといえるでしょう。
桔梗屋の店員に関しては、昔っぽい感じのおじいちゃんが切り盛りしていて、こだわりとかが結構ありそうな感じでありました。

観光気分となつかしい感じを味わうには、結構いいお店でないかと思います。

くねくねラーメン伏見本店、名古屋市中区にある濃厚なラーメン屋

くねくねラーメン伏見本店は、名古屋市中区のオフィス街である伏見駅から徒歩3分ほど広小路通り沿いを歩くと着きます。
オフィス街ということもあり、ランチタイムは混雑しますが、ランチタイムを外すと比較的空いています。

くねくねラーメン伏見本店の店内は広いので、小さな子供を連れた家族連れでも気軽に入れます。そして、お店の人もベビーカーでも嫌な顔せず、進んで子供用の座席を確保してくれたりして愛想が良いです。
ラーメン屋はどこか油っこくて汚れているイメージもありますが、清潔で掃除が行き届いている店内です。

くねくねラーメン伏見本店は、お昼も夜も値段は変わらず、何をどれだけ食べるかで値段がかわります。
たいてい1000円ほどで満足できます。

ラーメンの硬さを選べるお店は多いですが、ラーメンの麺の太さを選べるところは珍しいです。
特におすすめは、細麺で硬い目です。

濃厚なスープを細麺であれば、しっかりと絡め取ってくれるので、スープをしっかりと味わうことができます。
豚骨、塩味があり、どちらも濃厚です。

くねくねラーメン伏見本店の近くには居酒屋が多くあります。
そして深夜2時まで営業しているということもあり、飲み会の後にしめとして行く人も多いです。
また、ラーメンだけでなく、餃子などの一品もおいしいのでお酒とよく合い、くねくねラーメン伏見本店で一杯することもできます。

店名:くねくねラーメン伏見本店
住所:愛知県名古屋市中区栄1-4-4
電話:052-203-8812

大阪市南方にあるラーメン店「人類みな麺類」がおすすめ

おすすめするお店は、大阪市の、新大阪駅の近くにある南方という場所にある「人類みな麺類」というラーメン屋さんです。
人類みな麺類は超人気店で、いつ行っても並んでいます。
平日のピーク外の時間帯(昼2時ころなど)でも、1時間以上は待つ気持ちでいく必要があります。

人類みな麺類の店内は、ラーメン屋さんっとは思えない、カフェのようなおしゃれなつくりになっていて、外国のビールも飲めるなど、おしゃれさが前面に出ています。
ラーメンは、チャーシューが分厚く、味が濃厚です。これだけを食べに行くだけでも十分価値があります。
煮タマゴもつければ、最強の組み合わせになります。

人類みな麺類で一番のおすすめは、「らーめんmacro」という名前のラーメン(800円)です。
魚介系薄口醤油が特徴のスープは、普段飲まない人でも飲み干してしまうほどの絶品さです。

店内はカウンターがメインで、ビールも小ビンしか提供されないなど、回転率を上げてお客さんが少しでも早く入店できるように、お客さんが長時間滞在しにくいような配慮がなされています。

店員さんも、いつも繁盛していて忙しいはずですが笑顔を絶やさず、人類みな麺類は好感の持てる接客をいつもしてくれます。
この点も、お客さんがいつも多い理由のひとつかもしれません。

店名:人類みな麺類
住所:大阪府大阪市淀川区西中島1-12-15
電話:06-6309-9910

奈良県天理市の「彩華ラーメン」、豚肉・白菜・ニンニクたっぷり

店名:彩華ラーメン(本店)
住所:奈良県天理市岩室町91番地
電話:0473-63-3165

天理ラーメンの二大店の一つ、「彩華ラーメン」を紹介します。
彩華ラーメンの特徴は醤油ベースに、ニラ、ニンニクをたっぷり入れた辛味のあるスープに、麺は細めの縮れ麺、上に白菜や豚肉を乗せた独特のラーメンです。
特にニンニクが強く利いていて、テーブルの上にもおろしニンニクが置いてあるので自由にトッピングして辛さを調節することが出来ます。

サイズは「小」が699円(税込)です。
彩華ラーメンは店舗によって値段が若干異なり、同じ天理市内のプライスカット駐車場で夜間になると営業を始める「屋台店」は小670円(税込)です。

彩華の特徴は何といっても濃過ぎるニンニクの味とスタミナ抜群の食べ応えですが、特にラーメンの上を覆っている白菜の量が多く、濃い目のスープに絡むシャキシャキとした白菜の組み合わせがとても美味しいです。

おすすめのサイズは「小」です。
彩華の小は一般的なラーメン屋さんの標準サイズなので、小でも充分お腹いっぱいになります。

ちなみに同じ天理ラーメンの「天理スタミナラーメン」はどちらかというとスープはあっさり目の味付けで、白菜も柔らかく煮込んであるので人によって好みが分かれます。

彩華ラーメンは通常店舗の他に屋台店を出しているのが特徴なのですが、夜になると周辺から人が多く集まってきます。
店員さんの接客態度は非常に良好で、屋台に近付くとすぐに声をかけてきてメニューを聞いてラーメンを作って提供してくれます。

屋台なので屋外の駐車場(天理市別所町223 プライスカット天理北店駐車場内)に、車を停めて隣にテントを設営してテーブルを設置しただけの簡易店舗ですが、調理スペースはビニールシートで覆っていて、とても清潔感がある作りです。
奈良に来たら一度は食べることをおすすめしたいラーメンです。

麺や紡、大阪府茨木市で大行列ができるほどの人気店

店名:麺や紡
住所:大阪府茨木市宇野辺2-1-24
電話:非公開

麺や紡のラーメンを食べるには、かなり苦労するでしょう。
まず、平日しか営業していません。
それも11時から15時の間だけです。
そのため、私は有休を取りました。

10時半に麺や紡に着くと、既に50人は並んでいたでしょうか。
麺や紡の店内に入れたのは、13時です。
こんなに並んだのは、人生でも初めてです。

途中であきらめるわけにもいかず、並び続けました。
待ち疲れたのですが、そのしんどさはラーメンを食べると吹き飛びましたけどね。

つけ麺は、私が麺や紡の店内に入ると、売り切れてきました。
そのためラーメンを注文。
スープは熟成と淡成があります。

濃い味が好きなので、熟成を選択しました。
鶏白湯スープで、かなりクリーミーでしたね。

このスープ、魚介のだしが効きまくっています。
そのためか、スープを最後まで飲み干しました。

麺や紡の麺は、ちぢれ麺の太麺。
弾力があり、歯ごたえがあります。
麺とスープの相性も良かったですね。

サイドメニューのチャーシュー丼も、がっつり食べれる味でした。
並ぶ価値は十分にありましたね。
かなりレベルの高いラーメンです。

麺や紡リピーターになりたいのですが、並ぶ苦労を考えると躊躇します。
しかし、それでも食べたいと思わせるラーメンです。

天下一品 東雲店(広島市南区)、こってりラーメンなら天下一品!

店名:天下一品 東雲店
住所:広島市南区東雲本町2-21-12
電話:082-287-8101

私はラーメンが大好きでよく食べに行きます。
よく食べると行っても一週間に一回ほどです。

その中でも一番好きなラーメン店は天下一品です。
天下一品は全国にあるチェーン店になります。
店の数が多いので、セントラルキッチンとなっており、いつ行ってもスープの味が同じで、安定しておいしいです。

私が天下一品で一番注文するのは、絶品という商品です。
値段は780円になります。
絶品が全国にあるかはわかりませんが、少なくとも広島県内にはあるかな?といったところです。

絶品というのは、こってりのさらに上のこってりです。
普通のこってりですら、スープがドロっとしていて、麺に絡みつくラーメンなのに、その上をいくラーメンなので、本当にドロッドロです。

スープからはじゃがいもの味がよく感じられます。
舌触りが少しざらざらしていて、絶品というだけあって本当に味が濃いです。
最近は絶品MAXという、絶品のさらに上の商品も出ましたので、こちらもぜひ食べてみたいと思っています。

天下一品の東雲店は、いつ行っても店員の接客が良く、他の店舗に行きたいと全く思いません。
元気があるのですが、不快感のある元気ではなく、ナチュラルな感じの元気の良さなので非常に感心しています。
また、天下一品に来週行きたいと思っています。