「ラーメン」カテゴリーアーカイブ

天下一品 東雲店(広島市南区)、こってりラーメンなら天下一品!

店名:天下一品 東雲店
住所:広島市南区東雲本町2-21-12
電話:082-287-8101

私はラーメンが大好きでよく食べに行きます。
よく食べると行っても一週間に一回ほどです。

その中でも一番好きなラーメン店は天下一品です。
天下一品は全国にあるチェーン店になります。
店の数が多いので、セントラルキッチンとなっており、いつ行ってもスープの味が同じで、安定しておいしいです。

私が天下一品で一番注文するのは、絶品という商品です。
値段は780円になります。
絶品が全国にあるかはわかりませんが、少なくとも広島県内にはあるかな?といったところです。

絶品というのは、こってりのさらに上のこってりです。
普通のこってりですら、スープがドロっとしていて、麺に絡みつくラーメンなのに、その上をいくラーメンなので、本当にドロッドロです。

スープからはじゃがいもの味がよく感じられます。
舌触りが少しざらざらしていて、絶品というだけあって本当に味が濃いです。
最近は絶品MAXという、絶品のさらに上の商品も出ましたので、こちらもぜひ食べてみたいと思っています。

天下一品の東雲店は、いつ行っても店員の接客が良く、他の店舗に行きたいと全く思いません。
元気があるのですが、不快感のある元気ではなく、ナチュラルな感じの元気の良さなので非常に感心しています。
また、天下一品に来週行きたいと思っています。

ラーメン家族 上新庄店(大阪市東淀川区)が美味しすぎる件。

店名:ラーメン家族 上新庄店
住所:大阪府大阪市東淀川区瑞光1丁目5-37
電話:06-6320-4059

大阪の東淀川区の上新庄駅にあるラーメン屋のラーメン家族、あまり人目に付かないのですが、一度食べたら癖なる美味しさです。
麺はやや縮れた細麺で、スープは醤油豚骨です。
鹿児島黒豚のゲンコツや竹炭やアサリなどでスープを作っているみたいです。

味は豚骨のわりにはあっさりしていて食べやすいです。
焼き豚は厚切りなのですが、柔らかく甘辛く味付けがしてあり美味しいです。
その他のトッピングは、ネギともやしと煮卵です。

ラーメンも美味しいのですが、食べ放題のキムチが辛さの中にほのかな甘みがありラーメンと白いご飯に良く合う美味しさです。
定食のメニューにある唐揚げやトンカツなどのメニューも美味しくボリュームもあるので、満足出来ます。
また、チャーハンは味付けが濃く私好みの味です。キムチと一緒に食べると更に美味しくなります。

ラーメン家族の店内はカウンターしかなく、お世辞にも綺麗なお店ではないのですが、何度も食べに行ってしまう味です。
深夜でも営業しているので、飲み会のシメや仕事で遅くなった時の晩御飯などにおススメです。
値段は少し高めですが、許容範囲だと思います。

横浜市西区、「AFURI(阿夫利)横浜ジョイナス」のおすすめは?

神奈川県の横浜にはラーメン屋さんが多くありますけど、その中でもAFURI 横浜ジョイナス(阿夫利)は評判の高いお店になります。
AFURI(阿夫利)はちょっと変わったメニューがあって、それがおすすめになりますが、柚子塩ラーメンというものがあります。

柚子が入っているということで、他のお店ではなかなか存在しないメニューではないか?と思いますけど、これは見た目もかなり美味しそうです。
柚子の香りや味というのは実際に食べてみないと分かりませんけど、スープの色が綺麗でそこがまず目を惹きます。

それ以外ではラーメンの具材もたっぷりで、チャーシュー、煮卵、のり、水菜などが入っていて、特にのりとチャーシューはかなり大きめで贅沢な一品となっています。
スープの一滴まで飲み干したくなるような見た目をしているので、注文して食べてみれば気に入る人は多くいるのではないでしょうか?

塩ラーメンが好きな人、柚子が好きな人などはAFURI 横浜ジョイナス(阿夫利)は非常におすすめのお店と言えると思いますから、知っておくと良いと思うのです。

店名:AFURI(阿夫利) 横浜ジョイナス
住所:神奈川県横浜市西区南幸1-5-1 相鉄ジョイナス B1F
電話:045-624-9636

中野区鷺宮、「らぁ麺すぎ本」のおすすめメニュー。

東京都中野区の鷺宮にお店を構える、らぁ麺すぎ本ですが、ここは見た目にインパクトがあるラーメンをいくつも用意しています。
その1つが醤油特製らぁ麺で、こちらはメンマ、青ネギ、タマゴ、ワンタンなどが入っていて、それに加えて数種類のチャーシューが中を占領している状態です。

チャーシューは鶏と豚が2枚ずつ入っていて、しかの1枚1枚のボリュームがとても大きいので、お腹いっぱいになること間違いなしです。
ラーメンがメインなのか?チャーシューがメインなのか?分からないような状況で、とにかくボリューミーなチャーシューが特徴的なラーメンとなります。
見た目から食欲をそそり、食べても美味しいという部分は魅力としても感じられると思いますし、らぁ麺すぎ本を利用するときにはこの醤油特製らぁ麺はとてもおすすめなのです。

これ以外にも美味しいメニューはいくつかあるとは思いますけど、醤油ラーメン好きの人にとっては特に気に入る可能性があると思われるので、具材が、特にチャーシューが印象的なこの醤油特製らぁ麺を注文して、1度食べてみると良いのではないか?と思います。

店名:らぁ麺すぎ本
住所:東京都中野区鷺宮4-2-3
電話:03-5356-6996

感動的に美味しい!福島、「石井食堂」のラーメン。

福島県の白河郡にある石井食堂さんのラーメン、そのラーメンは偶然に出会っためちゃうまラーメンでした。

それは家族で茨城から那須に、福島経由で出かけた時のことでした。
ちょうど白河にさしかかったのは午後の1時を過ぎた頃だったと思います。
白河に来たことだし、お昼は名物の白河ラーメンを食べることになりました。
国道か県道かは覚えていませんが、あちこちに白河ラーメンのお店がありました。
その日は食べ歩き目的ではなかったので特にラーメン店の下調べはしていませんでした。
白河ラーメンの店は思いのほか多くクチコミを知りたいところでしたが、調べているうちにお店が休憩時間に入ってしまうことが気になったため直感で入ってみることになりました。

何の情報もなくお店に入るのは、大のラーメン好きであちこち食べ歩いているからこそ勇気が要ります。
もしも美味しくなかったらという思いが、経験上浮かび上がります。
気になるお店が何件かありましたがなかなか思いきれずに通り過ぎ、やっと入ったのが石井食堂さんでした。

石井食堂に入るとお昼には少し遅い時間のせいか、お客様さんは子供2人を連れたお母さんだけでした。
メニューはラーメン類と餃子でしたが、意外にもねりごま系のラーメンの種類がありました。
石井食堂の店内にもねりごまラーメンの張り紙がしてあって、お店の名物という感じでした。
他にも豚骨や味噌まであり悩みましたが、家族全員オーソドックスなラーメンを注文しました。
値段はたしか630円か650円だったと思います。

ラーメンは10分も経たずに運ばれてきました。
青い縁のどんぶりに、わりと濃い醤油の色がとても映えて食欲をそそりました。
具はチャーシュー2枚、味付きたまご、ワカメ、海苔、メンマ、ねぎでした。

スープを一口飲んだ瞬間に美味しいラーメン確定でした。
あっさりしているけれど、後味に旨味が広がる深い味わいのスープに、コシもちぢれも強い太めの手打ち麺がぴったり合います。
チャーシューはほんと珍しく部位の違う二種類が一枚ずつでした。
一枚はしっかり旨味の入ったハードめ、とろける方の一枚は炭火焼きしてある感じでした。
タマゴも煮卵というより味付きというのがしっくりくるような、薄い色に旨味がしみたいい味付けでした。
一口食べる度に思わずうなずいてしまう逸品でしたが、美味し過ぎて箸が止まらず一気に食べてしまいました。
会計時、石井食堂の方に美味しくて感動したことを伝えると、とてもいい笑顔を返してくれました。

店名:石井食堂
住所:西白河郡西郷村小田倉字大平287-1
電話:0248-25-092
9

京都市中京区河原町の裏路地にある京つけ麺屋「つるかめ」。

観光で京都に行き食事を取る店はある程度決まっています。
観光、買い物、そして食事を楽しみにして行くのでお目当の飲食店の想像を膨らまさせ新幹線に乗っています。
観光の後の買い物で河原町に行き、商店街の中でトイレを探していた時にたまたま見つけたつけ麺屋さんが、つるかめでした。

入口が二つで店内はかなり狭いです。
10人は入れないですね。

つるかめは細い路地にある為、なかなか気づきにくい立地ですので、皆さん知らず知らずのうちに通り過ぎているのでしょう。
つるかめに入ると店員さんは二人で一人は仕込みをされていて一人で料理を作っておられました。

早速、魚介醤油つけめんを注文しました。
10分くらいでしょうか?それくらいで出て来ました。

麺は太く、スープはこってりで濃いめで、メンマがでかく、あおさ海苔も相性が良いです。
一口目は美味い、と感じましたが、最後の方になるとスープが濃いので少し飽きてしまい変化が欲しくなります。

そこで見つけたのが特性ニンニク酢です。
こいつをかけることでサッパリするんですが、ニンニクの重みがちょうどよくスープに反映され、全く違うスープに変換しました。
ここからもう一杯いけてしまいそうになるくらい美味しく、変化を感じました。

店名:つるかめ
住所:京都府京都市 中京区寺町通四条上る中之町559 菊水ビル 1F
電話:075-211-3213

昭和の雰囲気漂う美味しくて優しい錦糸町のラーメン屋「ヨシベー」。

以前錦糸町に住んでいたときには、週1回は必ず行っていたラーメン屋をご紹介します。
お店の名前は、「ラーメンヨシベー錦糸町店」です。
初めてそのお店を見た時は、その外観が少し古臭くて、昭和な雰囲気が漂っていました。

ヨシベーの中に入って見ると、内装も昭和な雰囲気で、とてもくつろげる空間でした。
普通のラーメン屋とは違って優しい雰囲気がありました。

店内のBGMも、そのお店の雰囲気とマッチしていました。
メニューは豊富で、しょうゆ、味噌、つけ麺、担々麺などあります。私はここでよく味噌ラーメン(720円)を注文します。
麺の太さを、どのラーメンでも太麺と細麺から選べるのがここのお店の特徴です。

私は太麺が好きでよく頼むのですが、気分によって替え玉のときに細麺にするといったこともできます。
ここの麺は少し甘みがあり、くせになります。

他にも普通の餃子以外に、滋養焼き餃子といのがあり、身体が疲れた時には意識して食べていました。
ヨシベーの餃子は、ラーメンもそうですが、丁寧に優しく作られているのがよく分かります。
とても美味しいです。

また、ラーメンの味や店内の雰囲気の良さから、女性客も目立ちます。
また、店員さんの対応がテキパキしてて礼儀正しいので、気分良く食事できす。
また錦糸町へ訪れた際は必ず立ち寄りたいです。

店名:ラーメンヨシベー錦糸町店
住所:東京都墨田区江東橋2-16-9
電話:03-3635-9882